中学受験向け家庭教師ナビ | プロ教師が料金・評判を評価!

中学受験向け家庭教師ナビ | プロ教師が料金・評判を評価!

中学受験専門の家庭教師センターを比較・評価した情報サイトです!

自己紹介&サイトの目的

過去、有名進学塾で15年以上に渡って授業を行い、現在はフリーのプロ家庭教師として、難関中学合格を目指すお子様を中心として100人以上の生徒を指導してきました。中学受験専門の家庭教師センターは数多くありますが、各々で料金プラン・教師のレベル・合格実績は異なります。
当サイトでは、管理人がこれまで培った経験から、各家庭教師センターの特徴・料金・実績・評判などを正当に評価しています。当サイトの情報が、中学受験を志しているお子様・保護者様のお役に立てば幸いです。

 

 

 

1: 家庭教師はプロと学生どちらを選ぶ?

中学受験専門の家庭教師センターでは、プロと学生(大学生・大学院生)の両方を雇っているケースが多いです。難関中学を目指す場合は、キャリアが豊富なプロに依頼することを強くおススメします。というのも、プロには指導能力だけでなく多くのメリットがある為です。ここではプロと学生で異なる点を簡単にご紹介しておきますので、宜しければ目を通してみてください。

 

 

<プロと学生で異なる点>

比較項目

プロ

学生

料金相場

通常より高め

(キャリアが豊富)

プロより安い

(キャリアが浅い)

指導能力

高い

(指導経験が豊富)

低い

(指導経験が少ない)

管理能力

高い

(報告・相談・確認)

低い

(プロより不慣れ)

授業の緊張感

濃い

(ベテランが担当)

薄い

(若く親近感がある)

合格実績

多い
(キャリアが豊富)

少ない
(キャリアが浅い)

進学塾の内情

教師によって熟知
(進学塾出身の為)

知らない
(進学塾の経験がない)

 

この結果からすると、料金は学生のほうが安く済ませることができますが、それ以外の点では
全てプロの方にメリットがあることは明らかだと思われます。

 

プロと学生の料金相場の差額はどれくらい?

 

プロと学生の料金相場に、どれくらいの差があるのか確認しておきます。
平均授業料は、中学受験向け家庭教師センター各社の価格表から算出しています。

 

<小6年生(受験生)の料金相場の比較>

プロ・学生

90分あたりの
の平均授業料
1ヵ月の授業料
(90分×4回)

学生

4,000円 16,000円

プロ

7,000円 28,000円

学生とプロの差

3,000円 12,000円

 

この結果から、1ヵ月(90分×4回)の授業料で換算すると約12,000円ほどの差額となります。
ただし、あくまで平均額で算出しているため、この料金相場よりもリーズナブルな家庭教師
センターももちろん存在しますので、それらについては後述(比較結果にて)します。

2: 家庭教師を最大限に活用するには?

難関中学合格を目指すお子さんの多くは、進学塾(SAPIX・日能研・四谷大塚・早稲田アカデミー等)に通っています。その為、家庭教師を利用する場合というのは、何らかの理由があって塾と併用するケースが大半です。その併用する理由に応じて、家庭教師を最大限に活用できるよう心掛けておきたいポイントをいくつかご紹介しておきます。

 

まず、塾と家庭教師を併用する理由は、だいたい次の5パターンです。
(勉強嫌い、勉強する習慣がないといったケースは省きます。)

 

<塾と家庭教師を併用する理由>

  • 塾の授業ペースについていけない子
  • 塾でクラス落ちしてしまった子
  • 塾で質問するのが苦手な子
  • 苦手科目を克服したい子
  • 本番直前期で集中特訓したい子

 

塾の授業ペースについていけない子

進学塾の授業の内容・量・スピードは通常の学習塾よりもキツイ為、
お子さんによって自身の力のみで理解できる量にも限界が出始めます。
家庭教師を利用するパターンとして一番多いのはこのタイプのお子さんで、
テキストの解説を読んでも理解できない場合には、家庭教師のサポートが
強力な助けとなってくれます。

 

塾でクラス落ちしてしまった子

進学塾ではクラス分けテストが頻繁に行われます。その為、一度クラス落ちしてしまうと
自信やモチベーションを失い、ますます授業についていけなくなる悪循環にハマりやすく
なります。そういった事態から抜け出すために、お子さんに家庭教師を付けて学力・自信の
回復を図ることはとても有効です。

 

塾で質問するのが苦手な子

お子さんによっては、塾では積極的に質問しにくい子もいます。または、授業後は
先生の順番待ちで満足ゆくまで質問ができないケースも考えられます。そのため、
家庭教師を雇うことで、分からない問題を納得できるまで訊くことができます。

 

苦手科目を克服したい子

特定の科目だけ極端に苦手な子も、家庭教師を利用するケースが多いです。
進学塾では、授業ペースを得意な子に合わせるので、苦手意識を持っている子は
どんどん取り残されてしまうのが難点です。そのような場合、家庭教師を付けることで
苦手科目を重点的に鍛えることができます。

 

本番直前期で集中特訓したい子

小学6年生の夏休みや受験直前期に、集中的に指導を依頼するケースです。
この時期になると、苦手科目の徹底演習をしたり、本番を想定して模擬テストを行い
家庭教師と一緒にテスト結果を復習するといった状況が考えられます。

 

以上、5つのパターンに応じて、家庭教師センターの利用が考えられます。
それらを踏まえたうえで、家庭教師をいざ依頼する際にはに次のことを伝えましょう。
(体験授業や初回カウンセリングで訊かれる内容でもあります)

 

<家庭教師センターに伝えること>

  • 【現状】お子さんの学力、苦手科目、塾でのクラス、性格、模試の結果など
  • 【目的】苦手科目の克服、塾のテキストの予習・復習、問題演習サポートなど
  • 【希望】通っている進学塾出身の教師、苦手科目の指導経験豊富な教師など

 

また、家庭教師による毎回の指導を最大限に活用する為には、授業前には次のような
準備を行っておくようお子さんと共に心掛けましょう。

 

<授業を受ける前に準備しておきたいこと>

  • 前回の学習内容を100%にしておく
  • 分からない点をピックアップしておく
  • 自分なりに解答を考えておく

 

受身のスタンスで教わっていると、期待した学習成果は出にくいと思われます。
毎回60分〜120分ほどの短い指導時間を活用できるように準備しておくことが大切です。

3: 家庭教師センター5社を徹底比較!

中学受験専門の家庭教師センターは数多くある為、どこを選ぶべきか迷うところでしょう。基本的には、「料金設定」、「教師の質」、「サポート体制」の3点から各会社を比較して選ぶと失敗が少ないかと思います。加えて、お子さんが通っている進学塾の元講師であった先生や、進学塾の内情に詳しい先生が多く在籍している会社であればより一層ベターです。

 

中学受験専門の家庭教師センターの中でも、知名度・実績・実力を兼ね備えていると
言われる5社を比較しましたので、参考にしてみてください。

 

比較項目 中学受験
ドクター
中学受験
鉄人会
麻布個人
指導会
一橋
セイシン会
名門会
派遣エリア

東京・神奈川
千葉・埼玉
茨城・栃木

東京・神奈川
千葉・埼玉

東京・神奈川
千葉・埼玉

東京・神奈川
千葉・埼玉
茨城

全国対応
(一部除く)

会社のタイプ 中学受験専門 中学受験専門 大学受験
まで対応
大学受験
まで対応
大学受験
まで対応
入会金 20,000円 20,000円 20,000円 21,000円 非公開
管理費(毎月) なし なし なし なし 非公開

月謝
(90分×4回)

セミプロ
→ 28,800円
レギュラープロ
→ 34,800円
スーパープロ
→ 43,200円
ドクタープロ
→ 49,200円

レギュラープロ
→ 37,200円
スーパープロ
→ 42,900円
エクセレントプロ
→ 48,600円

48,000円

72,000円

36,000円

59,400円

非公開
教材費 なし なし なし なし なし
交通費 実費 実費 実費 実費 実費
教師の交代 可能 可能 可能 可能 可能
2017年度合格実績
(一部抜粋)

開成:8名
麻布:6名
桜蔭:7名
浅野:7名
海城:10名
慶應:15名
早稲田:13名

開成:0名
麻布:3名
桜蔭:3名
浅野:3名
海城:3名
慶應:8名
早稲田:5名

開成:4名
麻布:5名
桜蔭:4名
浅野:4名
海城:9名
慶應:7名
早稲田:12名

開成:1名
麻布:0名
桜蔭:1名
浅野:0名
海城:1名
慶應:3名
早稲田:1名

開成:1名
麻布:2名
桜蔭:2名
浅野:不明
海城:4名
慶應:不明
早稲田:3名

おススメ度

各社ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

 

名門会に関しては、ホームページ上に料金プランが掲載されておらず、
入会金・管理費などの諸経費などの費用についても不明となっています。
こういったケースは契約後のトラブルになりやすいので個人的には推奨しません。

 

比較結果から、料金・教師の質・合格実績の3点を考慮した場合、
中学受験ドクター、鉄人会、麻布個人指導会の3社から選ぶと良さそうです。

 

この3社の料金プランには、教師の熟練度に応じた料金体系になっています。
この中で、指導力と料金のバランスが取れており費用対効果が高いのが、
各社の中堅クラスと呼ばれる教師です。

 

<費用対効果が高い中堅クラスの教師>

  • 中学受験ドクター → レギュラープロ
    (キャリア3〜10年 時給5,800円)
  • 鉄人会 → レギュラープロ
    (キャリア7〜10年 時給6,200円)
  • 麻布個人指導会 → 時給7,500円相当
    (※HPには6,000〜9,000円と掲載)

 

それぞれ料金を比較してみると次のようになっています。

 

<中堅クラスの料金比較>

会社名

90分の授業料
(中堅クラス)
1ヵ月分の授業料
(90分×4回)

中学受験ドクター

8,700円 34,800円

鉄人会

9,300円 37,200円

麻布個人指導会

11,250円 45,000円

 

1ヵ月の授業料で比較してみると、最安値の中学受験ドクターと
最高値の麻布個人指導会では、1月約10,000円程の開きがあります。

 

同程度のキャリアのある中堅クラスの教師であっても、家庭教師センターによって
料金には差があることが分かります。

4: 家庭教師センターの体験授業

家庭教師センターへ入会する前に、無料体験授業を通して、その家庭教師センターの授業の雰囲気を知ることができます。また、入会説明や、親御様の要望などを把握をする目的も兼ねているケースが多いので、特別な事情がない限りまずは体験授業を受けてみましょう。資料請求をするくらいであれば、体験授業を受けてしまったほうが色々と分かることも多いです。

 

また、体験授業(+入会説明)を受けるにあたって、次の点には気を付けましょう。

 

<無料体験授業で気を付けておくこと>

  • 入会説明だけでなく体験授業を受けること
  • 月謝がいくらかかるか確認すること
  • その場で契約しないこと

 

入会説明だけでなく体験授業を受けること

家庭教師センターによっては、無料体験授業と銘打っておきながら、入会案内と
営業トークのみで終わってしまう会社もあるようです。ですから、当日は家庭教師による
模擬授業をキチンと受けることができるかを確認しておきましょう。教師とお子さんの
相性を確認することは、とても大切なステップです。

 

月謝がいくらかかるか確認すること

授業料については、会社のホームページに掲載されている金額に基づきます。
その他、入会金・管理費・交通費など全て含めて初月は総額でいくらかかるのか?
2ヵ月目以降はいくらかかるのか?といったことを確認しておきましょう。

 

その場で契約しないこと

入会説明を聞いたその場で契約してしまうことは、できる限り避けておきましょう。
8日以内であればクーリングオフが可能とはいえ、契約取り消しは無用なトラブルに
発展しかねません。優良会社であれば「じっくり比較検討ください」と言ってくれるので、
もし急かすようであれば、その会社は要注意です。

5: 管理人が推奨する家庭教師センター

5社の比較結果の通り、費用対効果の高い中堅クラスの教師を選ぶのであれば、中学受験ドクターが個人的におすすめです。というのも、中学受験ドクターは四谷進学会と比べると料金面ではほぼ同額ですが、他に多くのメリットがあるためです。ここでは、中学受験ドクターの推奨理由について、ご紹介しておきたいと思います。

 

中学受験ドクターの推奨理由は次の3点です。

 

推奨理由@:有名進学塾の元講師が多く在籍

受験ドクターの塾長は元SAPIX講師で、その他の在籍している教師も日能研、
四谷大塚、早稲田アカデミー、栄光ゼミナールなどの進学塾で教鞭をとっていた
先生方がほとんどです。その為、進学塾の内部事情にも精通しています。

 

推奨理由A:難関中学の合格実績が豊富

中学受験ドクターの毎年の合格実績では、御三家(開成・麻布・武蔵)はじめ
そうそうたる有名難関中学の名前が掲載されています。また合格者の割合も、
他の家庭教師センターよりも高めなのが特徴です。

 

推奨理由B:手厚いサポート体制

中学受験ドクターでは、ダブルティーチャー制度という指導教師とは別に、学習相談、
進路相談に乗ってくれるプロ講師が付きます。毎日13:00〜21:00の時間帯であれば、
好きなだけ利用可能なありがたいサポートサービスです。

 

以上、3点が中学受験ドクターが他社よりも秀でていると感じる点です。
中学受験ドクターのさらに詳しい情報・評価については下記ページをチェックしてみて下さい

 

>> 中学受験ドクターの特徴をさらに評価!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ 家庭教師の選び方 家庭教師会社を評価